借金祈り-任意整理が得意な弁護士

未成年者(18歳、19歳)は債務整理できる?

高校卒業すると就職や専門、大学と様々な進路としており、また中卒として働いている未成年者もなかには存在しています。そこで親の知らない間に借金をしていたというケースも少なくないようです。少額ならまだしも高額となれば親が支払うべき?または返金するお金が用意できないため18歳、19歳の未成年者でも債務整理はできるのか気になるところでもあります。

主な借入の理由としてパチンコやギャンブルなどの游興費やブランド品の購入など計画性のない使用目的が多いとしているようです。ここでは債務整理には年齢制限があるのか注目し検証し紹介していますので、、現在未成年者で借金返済に悩んでいる方やその親御さんは最後までご覧くださいね!

未成年者の借金は存在しない?

そもそも20歳未満の未成年者は親の同意がなければ、お金を借りることができないという法律があります。ですので、お子さんが勝手に親の承諾書にサインをして借金をしたとしてもそれは無効ともなりうるとしています。そして貸金業規制法で、貸金業者が親の承諾無しで未成年にお金を貸すことを禁止しており、未成年に取立てをすること自体が違法となっています。

返済義務がある未成年とは?

  • 商売をしていたり、既婚者の場合
  • 成人のふりをして借金をした場合

成人と同様の扱いになりますので借金の返済義務が発生し、契約を無効にすることはできなくなります。そのため必要であれば債務整理を行うことも可能としています。その様な状況となった場合には親御さんを含め法律の専門である弁護士にまずは相談することをおすすめします。

現に利益を受ける限度の返済は必要!

未成年者にお金を貸すこと自体が、貸金業規制法の過剰貸付けに該当するので監督行政庁に苦情申立てをすることができます。遊興費等などで使ってしまったのであれば返す必要はありませんが、しかし借りたお金を返すのは道理とし、手元に残っているお金や生活費に使った分は業者に返す必要があります。

18歳、19歳の借金は親が支払うべき?

連帯保証人としていなければ、払う義務はなく取り立てや催促がきても一斉応じることはありません。貸金業規制法では法律上支払い義務のない者に対し、支払請求をしたり必要以上に取立ての協力を要求したりしてはならないとしています。それでもしつこく支払いを求めるようでしたら、監督行政庁に対し行政指導または行政処分の申立てをすることができます。