借金祈り-任意整理が得意な弁護士

警察官が借金地獄にハマるケースも

借金をする人の理由は人それぞれとしており、お金持ちの人でも多重債務に陥ることも珍しくはないようです。そこで市民の生活の安全を守る立場でもある警察官が、借金地獄にハマるケースもあり得るとしています。安定した収入としていることから、借金とは無縁のような気もしますがどうなのでしょうか。

しかし公務員の立場としながらも同じ人間でもありますので、一般人と同様、ギャンブルにはまり債務を重ねてしまう人もいるようです。サラリーマンの平均年収よりは高収入としていますが、それでもあり余るほどの余裕とした給料というわけではないようです。

そこで結婚して家庭をもてば生活費、教育費、マイホーム購入など現在の給与ではギリギリという方も少なくないようです。小遣い欲しさにパチンコ、パチスロ、競馬、競輪にのめり込む人もいるようです。また公務員はお金の借入の際の審査が通りやすくなっており、限度額も優遇されるとしていますのでいつでもお金を借りることができる環境としているようです。

そのため警察官が借金地獄にハマることもあり得るとしています。そこで警察官が債務整理できるのか気になる方もいるのではないでしょうか。ここでは公務員でも任意整理、個人再生、自己破産ができるのか検証してみたいと思います。

警察官なら任意整理がおすすめ?

職業によって債務整理ができないということはないため、警察官においても借金整理をすることが可能となっています。債務の金額にもよりますが、給与や賞与が安定していますので任意整理を行うケースがあるとしています。特に職場に知られることを恐れる人も多くいることから、バレズに借金返済をすることができるとしています。

また借金の金額が多額としている場合では、自宅を失いたくないために個人再生を行う人もなかにはいるようです。どのみちブラックリストには載ってしまいますが、上司や同僚に知られることはほとんどないとしています。また公務員が自己破産を行ったという例もありますので、債務状況に応じては行うこともありますが一時的に資格を失うことも覚悟しなければならないようです。

借金の理由で警察を退職?

交番や本署に借金の取り立てが来るようとなれば、上司から依頼退職して退職金で返済するようにと促されることもあるようです。借金を理由に辞めさせられることはないようですが、職場には居づらい雰囲気でもあるようです。そのため返済が困難としてきたならすぐに対策を考える必要があります。

法律の専門家でもある弁護士では公務員の方の債務整理も経験ありますので、今後の最善の方法を提示してくれます。そして迅速に対応し、誰にもバレズに借金返済も可能となります。