借金祈り-任意整理が得意な弁護士

クレジットカードは諦めるべきか?

多重債務者となり今後債務整理を検討している方では、クレジットカードは諦めるべきか?悩んでいる人もいるのではないでしょうか。様々な理由により法的手段として任意整理を行う人は、景気回復と言われている近年においても少なくないようです。

借金返済が困難となりやむ終えず債務整理を行うこととなりますが、債務が少なくなり無事完済することができたといったメリットもあり今後は借金のない生活を送ることができるとしています。しかしこれまでカードでの支払いや出費がかさむ日には、キャッシング利用で賄っていたという人も多くいるのではないでしょうか。

そこで任意整理または債務整理を行うことで、個人信用情報機関に事故情報が記載されてしまうというデメリットが存在します。ここではまた借金地獄に踏み込むことのないように、今後の注意点など紹介したいと思います。

5年間は辛抱!現金生活になれるべき!

近年ではクレジットカードを複数所持しているのは当たり前としており、現金が不足しているときには手軽に利用することができるとしています。また高額な商品を購入するにしてもローンを組んで直ぐに手に入れることもできます。そのため学生からサラリーマン、OL、主婦などが生活の一部として必要不可欠な存在としています。しかし今後カードが使えなくなるとしたら不安となる人もいることでしょう。

債務整理を行うことで持っているカードを任意整理の対象とした場合では、今後使用することができなくなります。しかし最長でも5年の期間を我慢することで、事故情報が消去され新規契約することができます。ですのでその間は現金のみの生活となります。そこで注意点として今までのお金の使い方を改め、節制しながら生活することをしなければなりません。

甘い誘惑なさそいには要注意!

最長での任意整理の場合は5年間、金融事故の情報が残るので新規のクレジットカードをつくることはできません!またローンを組むこともできません!そして公的機関からのお金を借りることはほぼ困難となっています。そのためどんなにお金に困っても絶対に違法業者などには手を出さないことを念頭におかなければなりません。悪徳な消費者金融では情報を入手し、お金を貸してあげるとして言葉巧みに近づいてくる場合もありますので気をつけねければいけません!

任意整理後にクレジットカードを使う!

多くある債務のなかで選択して借金整理することができるのが任意整理でもあります。対象としていないカードに限り、支払いが滞っていなければ有効期限までは使用することができます。しかしカードの更新は不可能としていますので、その後は使用することはできなくなりますので注意しとく必要があります。